稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

米 フロリダ州 パームビーチ ボロボロだった猫は オッドアイの美しい白猫に変貌した!

海外旅行

米 フロリダ州 パームビーチ ボロボロだった猫は オッドアイの美しい白猫に変貌した!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

出典 http://static.twentytwowords.com

米 フロリダ州 パームビーチ に、ボロボロになった猫がいました。

ボロボロの猫は、オッドアイの美しい白猫に変貌したのです!

 アメリカ フロリダ州 パームビーチ に、身体中ボロボロになった野良猫がいました。 痩せて、目も開けられない状態でした。

 その猫は、動物保護施設の創始者 カルメン・ワインバーグさんの配慮で 動物病院で治療してもらえることができました。

 猫はひどい疥癬症で、栄養もゆき届かず 水分不足状態でした。 目は感染症により完全に塞がっていました。

 白い毛並みからコットンと名づけられました。

 体力をつけるために栄養を与えながら 目薬や抗生物質による治療が行われ、入浴もさせました。 体にココナッツミルクを塗って保湿し、缶詰や水分を十分に与えました。

 カルメンさん一家の看護もあり、コットンは体重も増え どんどん回復し、見違えるようになりました。 綿のような白い毛も生え始めました。

 しかし、それだけではありませんでした。 誰もが驚くことが起こったのです。

 救出された時、コットンは目が塞がっていたので誰も気がつかなかったのですが、コットンの瞳は オッドアイ だったのです。

 コットンはオッドアイの美しい白猫だったのです。

 カルメンさんは 「預かった当初は 目が塞がっていたので分からなかったが、青い目と黄色の目の オッドアイ だったことにはとても驚いた」 と語っています。

 すっかり元気になったコットン。 甘えん坊で オッドアイ の美しい白猫のコットンは、大きな声を出して人の気を引きつけるのが得意です。

 人懐こいコットンは、いつも誰かにかまってもらうのを待っています。

オッドアイ とは

オッドアイ(英: Odd-eye)は、猫の目に見られる左右の虹彩色が異なるという状態、すなわち虹彩異色症、あるいはそれを有する猫のことである。

オッドアイを有する猫は、どのような毛色の個体にも存在するものの、白猫に特に多く[1]、いわゆる純血種では、ターキッシュバン、ターキッシュアンゴラ、ジャパニーズボブテイルという3品種に現われやすい。ジャパニーズボブテイルの場合は、白地の三毛の個体に特に多く見られる[2]。

出典 http://ja.wikipedia.org

その色の組み合わせは、片方が青色で、もう片方が橙色、黄色、茶色、緑色のどれかであることが通常である[3]。一方が黄色で、他方が黄味の無い淡銀灰色あるいは淡青色の場合、日本では「金目銀目(きんめぎんめ)」と呼ばれ、縁起の良いものとして珍重されてきた[4]。

オッドアイを有する猫は、薄い色、すなわち青色の眼の側の聴覚に障害を持つことがある。これは青色の眼の側の聴覚だけに起こるのが普通で、青色でない眼の側の聴覚は正常であることが普通である。その発生率については、おおよそ3割から4割ほどであるとする研究がある[3]。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典 http://static.twentytwowords.com

出典 http://static.twentytwowords.com

パームビーチ (フロリダ州)

パームビーチの位置

出典 http://upload.wikimedia.org

パームビーチ(Palm Beach)は、アメリカ合衆国フロリダ州南東部に位置する町。マイアミの北約100km、ウェストパームビーチとワース湖(Lake Worth)を隔てた砂洲の上に位置する。常住人口は10,468人(2000年国勢調査)だが、季節限定の「住民」を含めるとその3倍、30,000人に上ると推計されている。2004年の推計では、常住人口は9,860人であった。

出典 http://ja.wikipedia.org

ウェストパームビーチが南フロリダ大都市圏の北端をなす商工業都市であるのに対し、このパームビーチは富裕層の別荘地・リゾート地としての性格を持っている。故に住民の平均所得は高く、人口1人あたり100,000ドルを超える。2003年、ロブ・レポート誌(Robb Report)はパームビーチを「全米で最も住みやすい都市」に選んだ。

出典 http://ja.wikipedia.org

フラッグラー博物館(Flagler Museum)

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

もとは55もの部屋を持つヘンリー・フラッグラーの邸宅、ホワイトホール(Whitehall)であった。フラッグラーの死後はホテルとして使われていたが、1960年にフラッグラーの孫娘がこの邸宅を寄贈し、博物館として公開した。

出典 http://ja.wikipedia.org

マー・ア・ラゴ

出典 http://upload.wikimedia.org

マー・ア・ラゴ (マールアラーゴ[3]、英語: Mar-a-Lago [ˌmɑɹ.əˈlɑː.goʊ]) はアメリカ合衆国フロリダ州パームビーチにあるアメリカ合衆国国定歴史建造物で、第45代アメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプの別荘である。1924年から1927年にかけてフロリダの女性商人であるマージョリー・メリウェザー・ポストによって建設された。ポストはマー・ア・ラゴがアメリカ合衆国大統領や政府高官らの冬のあいだの別荘として使えるように構想しており、1973年の死後、国に寄贈された。しかしその後の大統領らはマー・ア・ラゴを使用することがなく、1980年にポスト一族に返還された。[4]

110,000-平方フート (10,000 m2)[5]の敷地内には126の部屋やマー・ア・ラゴクラブ、アメニティなども兼ね備えたホテルさながらの客室やスパなどもある。トランプ一家は敷地内の独立したプライベート区域に滞在する。[6]

出典 http://ja.wikipedia.org

1967年に撮影されたリビングルームの様子

出典 http://upload.wikimedia.org

オーナーズスイートのエントランス

出典 http://upload.wikimedia.org

パームビーチ

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://upload.wikimedia.org

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ